2007年12月27日

本日公開!「ペテン師」

本年最後の作品「ペテン師」が公開になりました。

http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=186408

イントロにちょっと泥臭いギターを入れ、70年代の雰囲気を出しましたが、そんな風に聞こえるかな〜。

エレキでリードを入れていますが、いつものように、左チャンネルのアコースティックギターがメインのつもりでやっています。

エレキは、PODxtで出しています。
この曲はBmの曲なので、リードは、あの名曲のリードギターの音をシミュレートしています。
皆さん分かりますか〜

メンバーは
ドラムはAddictive Drums君
オルガンはD-PRO君
アコギ、エレキ、ベース、ボーカルはtomoです。

ポイントは、2コーラス以降のエレキの裏メロですかね。

それでは、皆さん来年もよろしくお願いします。
posted by tomo at 21:53| Comment(6) | TrackBack(0) | プレ王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

バージョンアップ

今日、SONAR7のバージョンアップ版が届いていました。

SH010031.JPG

今回のアップデートは、専用ページのみからの販売で、店頭では販売していないとのことでした。
まあ、通常版の4分の1くらいの値段で購入できるんですから、文句は言いませんけどね。(当たり前か!)

これから、インストールします。

今回のアップグレードは、主にミックス関係のプラグインの強化とMIDIのステップシーケンサー機能の搭載など、着実に進化しているようです。
プラグインの音源も何種類か追加されているみたいですが、生録の音をメインにしている私には、付録程度の価値でしょうか?

いずれにしても、私の音楽制作環境がグレードアップすることは間違いないでしょうね。
あとは、腕だけか・・・(汗)

使用レポートは、後日いたします。
posted by tomo at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

マイクプリアンプの効果

早速、マイクプリアンプを使ってアコースティックギターを録音してマイクの音の比較を兼ねて実験してみました。

まずは、私の持っている機材のおさらいですが、マイクは、

 ○ ダイナミックマイク〜SHURE BETA57A



○ コンデンサーマイク〜SEIDE PC-VT2000



の2本です。

これに、先日買った

 ○ マイクプリアンプ〜ART Tube MP Project Series

を繋ぎます。

なお、コンデンサーマイクは、真空管入りのマイクなので、そのまま直で録音しました。

録音は、

 ○ レコーダー〜EDIROL R-09



でしました。

生音はエフェクターは、一切通していません。
WAVEエディターで不必要な部分をカットしただけです。

さて、まずは、生の音からです。

 ○ BETA57Aの音
です。

音が小さいのは、同じ録音レベルで比較するため、一番ゲインの大きいマイクに合わせたからです。

続いて、

 ○ BETA57A + マイクプリアンプの音
です。

さすがに、ゲインが上がってますね。
ところが、ゲインを上げた分ノイズも増幅されています。
これは、プリアンプのノイズでしょうか、それともマイクでしょうか?


そこで、最初に録音したBETA57Aの音をエディターでノーマライズしてゲインアップしてみました。

 ○ BETA57Aノーマライズ後の音
です。

う〜ん、こちらにもノイズが乗っていると言うことは、これはマイクのノイズでしょうかね〜。

同じ条件で比較するため、先ほどのプリアンプを通した音も同じようにノーマライズしてみました。

 ○ BETA57A + マイクプリアンプのノーマライズ後の音
です。

プリアンプを通した音は、ノイズも一緒に増幅されていますが、倍音が素の音より出ているし、音に深みがありますね。
この音が、真空管の音なんですね。


さて、最後に、本家コンデンサーマイクで録音してみました。
このコンデンサーマイクは、マイクの中に真空管が入っているチューブマイクです。

 ○ SEIDE PC-VT2000の音

さすがというか、最初の2つの音と同じ録音レベルで録音したのに、この音圧です。
ノーマライズの必要はありませんね。
音色も落ち着いていて、深みがあり、ノイズは全くありません。

このあたりは、チューブのコンデンサーマイクにはかないませんね。

このマイクは、私の作品のアコースティックギターの音を録音しているマイクです。

そうすると、そこそこのコンデンサーマイクにチューブのマイクプリを通すとどうなるんでしょう。
やっぱり、もう1本コンデンサーマイクが欲しくなってきました。(汗)

  


posted by tomo at 23:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 録音機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ようやく登録しました!

ここのところ、仕事が忙しく、今日久しぶりに家でのんびり・・・
なので、いっきに作品を仕上げて登録しました。

前回書いた、マイクプリ
〜ART Tube MP Project Series〜



も一週間以上箱に入ったままでした。

早速、今日ボーカルの録音の時に使ってみました。
マイクは、SHURE Beat57Aです。

このマイクは、いつものボーカルの時に使っているマイクで、ギターの録音もそこそこ行けます。

さて、マイク→マイクプリ→BR-600と繋いで、録音してみました。
ヘッドホンを聴きながら、アンプのゲインとMTRの録音レベルを調整します。
最初にアンプのゲインを上げてみると、当たり前ですが感度がグッと上がります。
そして、自然にリバーブがかかったようになり、音も暖かみのある太い音になります。
予想以上の音でした。
さて、とりあえずこの状態で録音しました。
すると、ゲインを上げすぎたみたいで、レベルオーバーとなってしまいました。
仕方なく、録音レベルを少し下げ、そしてアンプのゲインも少し下げました。

いつもこのマイクで録音する時は、MTRの録音レベルはほぼ最高にしていたのですが、今回は半分くらいのレベルですみました。

2回目の録音でも、少しレベルオーバー気味でしたが、もともと下手くそな歌なので、レベルオーバーにすると逆に下手が聞こえないのでOKかも、と思い2回目の録音を使いました。

BEAT57は、ダイナミックマイクなのですが、今度は、持っているコンデンサーマイク(真空管)でギターを録音して比べてみようと思います。

それにしても、デジタルの硬い音が嫌いな私にとっては、最高のアイテムになりそうです。

おっと、作品ですよね。
本当は、オケは2週間位前に出来ていたのですが、あ〜てぃさんの提案で、ギターを入れることに・・・・
しかし、既にできあがっているオケを分解する時間もなく・・・・
どんな感じになったかは、聴いてからのお楽しみと言うことで(汗)
posted by tomo at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プレ王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

マイクプリ

ただいま、制作中のプレ王(My Sound)の作品ですが、ベースの録音も終わり、完成間近です。

あ〜てぃさんからの提案があった、ギターソロを今どうやって入れようか考えているところで、今週末にはアップできるとおいます。

ところで、今回ベースの録音をして感じたのが、私が持っているオーディオインターフェイスでは、どうも録音の時にモニターが上手くいきません。
今回も、オケを聴きながらベースを録音するのですが、ベースの音が小さくて苦労しました。
録音レベルを上げると過大入力となり、DAWのモニタースイッチを押すとレイテンシーが発生しタイミングが取れないのです。

しからばどうしたらと考えた末が、マイクプリアンプです。
それも、チューブアンプです。
真空管で増幅して、音圧を稼いだ信号をインターフェイスに入力するといいかなと考えました。
最近は、安くていいマイクプリが出ているみたいで、今回注文したのはこれです。



※ 詳細はこちら・・

このマイクプリは、プリアンプだけではなく、DIの役目もするとのことで、ベースはもちろんのこと、エレキギターのPODxtの出力信号をこれに経由させて、インターフェイスに入れるとおもしろいかな〜なんて思っています。

今日、いつもの楽器屋さんに注文したので、今週末には手に入ります。
その時に音源付きで使用レポートなんか書いてみたいと思います。

さて、マイクプリを買うと欲しくなるのがマイクです。
高いマイクは買えませんが、このくらいならということで、今候補に上げているのが



※ 詳細はこちら

と、これ



※ 詳細はこちら

です。
どちらも、評判の良いコンデンサーマイクですね。


これで、今持っているSEIDEのチューブコンデンサーマイク



※ 詳細はこちら

と組み合わせれば、D-28も良い音で録れるようになると思います。

まあ、考えればきりがないので、マイクはそのうちにと言うことですが、マイクプリは楽しみです。

それでは、皆さん今しばらく、次回作品の公開をお待ちください。m(_ _)m
posted by tomo at 23:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 宅録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

次回作品のその後

今回の作品、8割方できあがりました。
しかし、残りの2割がやばい!
油断していましたが、この曲ベースが難しいです。
もともと、ベース弾きでない私には、レベルが高すぎです。

とりあえずリズムを決めて、そのリズムで通すしかないかな〜と思っています。

オリジナルとは少し雰囲気が変わりますが、私にはそれ以上は無理です。(^_^;)

それで、イントロだけベースを入れたので、予告編として聞いてください。

 「格好いい嘘つき男」

あ〜あ、この先いつできあがるのかな〜。
posted by tomo at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | プレ王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。