2008年03月23日

この曲は???

今日ギターを弾いていた時に、何気なく「そういえば大昔(多分中学の時)こんな曲を弾いていたよな〜」とポロポロと弾いてみました。
弾いている内に「そういえば、相方もギターで入れていたな〜」とポロポロと・・・

http://wish-musican.up.seesaa.net/image/A1A9.mp3

え〜っとこの曲は・・・・?????(^_^;)
思い出せません。
おまけに覚えているのはイントロだけ・・・・
頭の中と指が覚えているのに、曲名が思い出せない・・・・・

年は取りたくないな〜(T_T)
posted by tomo at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 気になる音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

1000回を超えました

いつの間にか、MySound(旧プレ王)にアップしていた「22才の別れ」の再生回数が1000回を超えました。

http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=110928

聴いてくださった方、ありがとうございます。m(_ _)m

私の下手くそな歌を1人で何回も聴く人なんていないと思うので、聴いてくれた人が1000人?いると言うことなんでしょうかね〜。

ナッシュビルチューニングで検索して来てくれた人が聴いてくれたり、はたまた、例のおばさんの記事を見て来てくれた人が聴いてくれたんでしょうね。

また、機会があったら下手くそながら、曲に磨きを掛けたいと思います。
posted by tomo at 22:18| Comment(10) | TrackBack(0) | プレ王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

あなたはどちら派?

この前S.Yairiのリペア記念でDay Dreamの弾き語りをアップしましたが、実はこのときにS.Yairiでもう1曲録音していました。

この曲は、アレンジしてプレ王に登録しようと、色々と細工していましたが、ちょっとテンポが遅く、結局は録り直すことにしました。
つまり、お蔵入りと言うことです。

この曲はシングルバージョンとアルバムバージョンの2バージョンがありますが、ほとんどの人がアルバムバージョンを弾いてアップしております。

私はと言うと、この曲を初めて聞いたのは、正やんファンの私にとっては当然のことながら、シングルレコードの発売日、学校帰りにレコード屋さんに直行して買いました。
そしてシングルレコードを聞いた瞬間に、なんじゃ〜これは!と稲妻のような衝撃を受けました。

その後に発売になったセカンドアルバムに収録されているアルバムバージョンの方はインパクトが弱く、未だにシングルバージョンの方が好きです。

さて、この弾き語りの曲をプレ王にアップするため、シングルバージョンアレンジにしようとしましたが、さっきも書きましたが、テンポが微妙に遅いのと、シンセのストリングスが上手くいかないので、初めからやり直す予定です。

そのうちにうまくいったらプレ王にアップしますので、気を長〜くしてお待ちください。
この曲の他にも手を付けている曲が何曲かあるのでいつになるかわかりません。


さあ、あなたはシングル派?
それともアルバム派ですか?

posted by tomo at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

気が付けば2週間も・・・

ここを放置状態でした。(汗)

別に長旅していたわけでもなく、ギターも弾いておりました。
時々陥る単なるネタ切れです。
そろそろ、何か書かないと忘れられそうなので・・・

何を書こうかな〜。

そうだ、チューニングについて書きましょう。

某大型SNSで、ギターのチューニングのアンケートがあり、回答者の約7割がチューナーを使っているとのことでした。
今は、とても便利なチューナーがたくさん出ていて、聴覚ではなくて視覚でギターの音を合わせられる便利な時代となっています。

何が良いというのは、人それぞれの考え方なので、ここでチューナーがどうのこうのと人に喧嘩を売っても仕方ありませんが、音叉しかなかった時代からギターを弾いてきたおじさんにとっては、やはり耳を鍛える意味でも、しっかりと音叉によるチューニングを推奨します。

そしたら、あんたはチューナーを使っていないのかというとそうでもなく、弾いている途中に音叉を叩くのが面倒なので、チューナーも使っていますが、基本的には音叉でチューニングしています。

ギターをケースから取り出してチューニングが安定するまでは、何度か音叉を叩いてチューニングしています。

音叉でチューニングする利点は、音感が養えることでしょうか。
使っているうちに、音叉を叩かなくても限りなくA音に近い音に合わせることが出来るようになります。
音感が良くなると、CDを聞いて音をコピーすることが出来るようになります。

最近は、あまりオリジナルをコピーすることはないのですが、オリジナルを知らずしてカバーはあり得ないと思っています。

皆さんも、目でチューニングするのではなく、たまには音を聞いてチューニングしてみてください。
posted by tomo at 23:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。