2008年09月24日

チョーキング

スーパー王様・・・・(^_^;)やっちまったか・・・
ではなくて、チョーキングです。

今までは、ただ単に弦を指でグイッと持ち上げればいいんじゃないと思っていましたが、そんな簡単なものじゃないと言うことを知らされました。
まず、チョーキングした弦以外の弦のミュートが肝心なんですね。
チョウーキングした指が他の現に触れて余計な音が鳴らないようにしなければならないですよね。
それから次にチョーキングして上げる度合いです。
半音か全音かです。
これも良く音を聞いてこのくらいかな〜なんて微妙な音程を聞いて指を調節しなければなりません。

エレキギターのレッスンを受け始めて4ヶ月が過ぎましたが、今まで気づかなかったギターの色々を知らされています。
それがアコギにも応用できるテクニックです。

そんなチョーキングのテクニックがこれから録音しようとしている「海岸通」のリードで使うなんて思ってもいませんでした。
ピックストップというテクニックなのですが、チョーキングした音を素早く止めながら連続して鳴らします。

そういえば、石川鷹彦さんがチョーキングにはまっていた時期があったとのこと、アコギにチョーキングなんて関係ないと思っていましたが、大きな間違いでした。

いつか、かっこよくキュイ〜ンと決められるようになれたらいいですね。
いつか・・・(^_^;)


posted by tomo at 23:25| Comment(2) | ギターについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「Anji」には必須テクニックですね
アコギでチョーキングを極めるには相当指の鍛錬が必要ですが・・・(^^;)
Posted by copi. at 2008年09月25日 01:24
copi.さん

そういえば「Anji」では、必須でしたね。
おまけに小指でチョーキングです。
「Anji」の練習の後は、小指が痛い〜♪になってしまいます。(>_<)
Posted by tomo at 2008年09月25日 07:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。