2009年08月04日

どちらにするか、それが問題だ!

久しぶりの更新です。(^^;)

最近、S&Gのライブでpaulのギター、フォークジャンボリー2009で正やんのギターを聞いたり、はたまたローカルのちょっとしたコンテストに出場してギターを弾いて思ったことが、

やっぱりステージでは、アコースティックギターにもピックアップが必要だ

と言うことでした。

私は、何があっても、アコギは生音をマイクから音を拾って出す主義でしたが、ここ最近のライブでその考えが、ガラガラと音を立てて崩れて来ています。(^^;)

特に、キタオンみたいな大きなステージでは、ピックアップかなければ、音に迫力が欠けてしまい、アコギの主張が出来ないことに気づきました。

そこで、とうとう観念して、ピックアップを装着することを決意しましたが、現在2本のギターを持っているので、いったいどちらのギターに装着するかを悩んでいます。

ギターに固定しないで使えばいいじゃんと思う方もいますが、学生時代に電気工学を専攻した私としては、ピックアップの配線が問題で、おそらく、脱着を繰り返しているうちに断線することは、100%間違いないと言うことを知っているからで、装着するなら固定しかないと考えています。

そうなると装着するのは、S.yairiか?Martinか?
悩みどころです。

S.yairiは、もう30年以上弾いているギターで、サイドとバックの両サイドが合板ですが貴重なハカランダで、木も乾いて枯れていい音がしています。
Martinは、まだ若いですが、ローズー特有の鈴なりの音がたまりません。

いったいどっちにしようか・・・・それが問題だ!
posted by tomo at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125000398
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。