2006年10月04日

海がここに来るまで

061004_2251~0001.jpg

買いました。(^_^)v
正やんのアルバム「海がここに来るまで」です。
今回、DVDを見て「涙憶」に感動してどうしても収録されているアルバムが欲しくなってしまいました。

よく見るとこのアルバムは93年に発売されているですね。
丁度私が、正やんから遠ざかっている時に作品です。
だから、この時期の曲を知りません。
まあ、13年たっても決して色あせるもんではないですからね。
それにしても、聴いてみると良い曲が沢山入っています。
「涙憶」は、もちろんのこと「ほんの短い夏」「レミングの街」、「時の化石」等など・・・

その中でやっぱり「涙憶」がいいですね。
ライブも良かったけど、CDもいいです。
エンドのガットギターとピアノの素朴なメロディは涙なくしては聴けません。(T_T)

改めて正やんの偉大さを感じることが出来る1枚です。

TOPに戻る
posted by tomo at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も 風の『OLD CALENDER 古暦』を最後に
正やんから遠ざかってますたね

最近CD屋さんに入ったら『WORKS』があったので
つい買ってしまいますた !
Posted by あ〜てぃ at 2006年10月05日 23:59
あ〜てぃさん

実は私も『OLD CALENDER 古歴』から遠ざかっていました。
何かあのころの正やんの音楽には壁があったんでしょうかね。

そして、最近になって10年以上前の正やんの曲を聴いて「いいんじゃない〜」って涙しています。
不思議ですね。
Posted by tomo at 2006年10月06日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。