2006年10月15日

もう一人の神様

私が、尊敬しているギターリストは2人います。
一人は、ご存じの通り正やんです。
ここ最近の正やんのギターは、ギターの神様が降臨しているかのように素晴らしいものです。

そして、もう一人私がギターの神様と尊敬しているのは、ご存じスローハンドことエリック・クラプトンです。
好き嫌いはあると思いますが、彼のギターの音は何というか、私のハートに響くのです。

実は、私が彼の曲を聴き始めたのは、つい3年位前からで、彼の曲を聴いてストラトを買い、エレキギターを弾き、そして再びアコースティクギターも弾きはじめたのです。
いわば、今、私が今アコースティクギターを弾いているきっかけとなった恩人といっても過言ではありません。

ご存じの通り、ジャパンモデルではありますが、彼が以前弾いていたストラトのブラッキーも買ってしまうほどの熱烈なファンです。

その彼が、なんと、日本にやってくるではありませんか!
おまけに、札幌ドームにですよ。
3年前にも来たのですが、仕事の関係で行くことが出来ず、その後もう日本には来ないのではという噂が流れ後悔していました。

そんな、クラプトンのライブが見られるなんて最高です。
と言うことで、早速チケットをゲットしました。

061015_2230~0001.jpg

今回が本当に最後になるかもしれません。
なんたって、もう60才を過ぎているわけですからね。

多分、1曲目から彼のギターを聴いて、私は泣いてしまうかもしれません。
周りの人には、迷惑をかけないように密かにすすり泣きたいと思います。
鼻水もすすってしまうかな〜(T_T)

TOPに戻る
posted by tomo at 22:53| Comment(13) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんて気があうのでしょ!

クラプトンは 、フォーク人間の私としては
ガチャガチャして うるさいなって感じで、
聴かなかったのですが、天国の階段じゃなくて
てやーずいんへぶんが、ちまたに流れて
いい曲だな〜って。
すぐにアンプラグドのCDを買いました。

その後、日本武道館LIVE(現場ではなくDVD)を観てからは
なんてカッコいい親父なんだろうって。
それにマーチンを素敵に弾いてるのを観て、
マーチンが欲しくなりました。
今、マーチンが流行りだしたのは、
クラプトンのおかげだと言っても過言ではないはずです。

レイラのアコギバージョンもエレキバージョンもとても素敵です。

そうです、この前の来日が最後かも
知れないって言ってましたよね。
正やんLIVEのための「嘘」がほんとに
ならないことを

お祈りいたします ^^;
Posted by kazuyo at 2006年10月16日 08:18
実は、私も昔はエレキのガチャガチャしたのが嫌いだったのですが、クラプトンを聞き始めて、これぞ「鳴きのギター」と思わせる魂のこもったギターにすっかり痺れてしまいました。

 そして、エレキギターをはじめてから、アコースティクを弾く時の感触が今までとは違う新鮮な感じが味わえることが出来るようになりました。
 特に、今までアコースティクでは、チョーキングなんかしたことがなかったのですが、ちょっとカッコつけてリードの時に自然とチョーキングが出来るようになりました。
これも、全てクラプトンのおかげです。

マーチンですが、私がD28を買う時にギブンソンと弾き比べましたが、迷いに迷ってマーチンにしました。
同じもう1本あったD28や、HD28Vなんかとも比べましたが、なぜか今のD28の音に一目惚れしてしまいました。
まあ、音の好みは人それぞれなので、自分が一番好きな音のギターを持てれば、それが一番幸せなのかな〜と思っています。

正やんライブの「ウソ」は、koroさんの提案ですね。
本当のところ99.9パーセント、休んで行きたい気分ですが、ここは、グッと家族のために我慢して次回を待つことにします。



Posted by tomo at 2006年10月16日 23:02
D-28か〜 いいな。
一番欲しいギターです。

私は チャーも好きなんですよ。
なんであんなにかっこよく歳をとれるのだろうか。
「気絶するほど悩ましい」を アコギで
演奏してるみたら 鳥肌もんでした。
Posted by kazuyo at 2006年10月17日 17:56
D-28は、いいですよ〜。

マーチンのいわゆる鈴なりの音がします。
一度弾いて虜になってしまいました。

「気絶するほど悩ましい」をアコギですか・・・なかなか良さそうですね。

やっぱり、基本はアコギですね。
Posted by tomo at 2006年10月17日 23:45
あ〜〜アコギな人の集まりやぁ〜〜。(笑)
Posted by koro83018 at 2006年10月18日 23:09
koroさん。

私は、○〜てぃさんと同じく男でも女でも・・・・ではなくて、エレキでもアコギでもOKの両刀使いです。
 ただ、どちらか一つを選べと言われたら、女・・・いやアコギです。

なんと言ってもあのボディラインと泣かせた時の音がたまりませんね。
Posted by tomo at 2006年10月18日 23:51
>「気絶するほど悩ましい」をアコギで

70年代に発売された 2ndアルバムでは
「気絶するほど悩ましい」は アコギ・ヴァ〜ジョンだったんすよ
確かパーカッションと 2台のアコギだけだった記憶が・・・

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00006RTGZ
Posted by あ〜てぃ at 2006年10月19日 04:52
そうでしたか。
2ndに入っていましたか。
確か 持っていたので 聴いてみます。

ただ 流行したのは
フルバンド? の アレンジでしたよね。
20周年の武道館LIVEでは
テリーさんのギターを弾いてます。
物置から出してきたとか言ってました。

charは NSPの天野さんの歌詞の
「ネイビーブルー」もかっこよく
唄ってましたが 交友はあったのでしょうか?
見た感じや 音楽性では 結びつかないのですが。

Posted by kazuyo at 2006年10月19日 08:33
>kazuyoさま
char は昔 NSPのコンサート・ツアーで ぐぃた〜を弾いてたんすよ
Posted by あ〜てぃ at 2006年10月19日 09:03
あ〜てぃさま ありがとうございました。

へぇー! 知らなかった。
ほぉ〜〜っ。たぶん かなり昔ですよね。

あっ そうそう。
2ndのアルバム 聴きました。
正解! です。
パーカッションとアコギ二台でした。
Posted by kazuyo at 2006年10月19日 17:31
あ〜てぃさん
kazuyoさん

今仕事帰りの電車の中です。

けっこう有名なギタリストが他のアーティストのライブに参加していると聞いたことがあります。
例えば、拓郎のライブで高中正義がギター弾いていたとかです。
洛陽のリードギターが彼だと聞きました。

ところでNSPなんて懐かしいですね〜中学生の頃良く聞きました。

今突然思ったんですが「さよなら」のサイドギターってナッシュビルチューニングなんではないでしょうか。
中学生の時に何回聞いてもコピーできなかったんですよね。
家に帰ったら聞いてみよ〜
Posted by tomo@通勤電車 at 2006年10月19日 23:07
NSPは そんな面倒なチューニングしていたのだろうか・・・
Posted by kazuyo at 2006年10月20日 07:40
kazuyoさん

私の予想は見事に外れました(^^;)

先ほど、ナッシュビルチューニング用のギターをチューニングして弾いてみましたが、全然違いました。

明日、仕事が終わったら、またノーマルチューニングのギターで挑戦してみます。

Posted by tomo at 2006年10月20日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。