2007年07月23日

弦がなじむNo2

前回書いたとおり、半年位使ったM社の弦が切れたため、D社の弦に張り替えましたが、最初は????の音でしたが、弾くたびに良い音に変わっていきます。
段々深みのある音になってきました。
昨日の録音の一部を聴いてください。

http://wish-musican.up.seesaa.net/image/sample5.mp3

R−09の内蔵マイクで録音したD−28の音です。
エフェクトは一切かけていない生の音です。

実際に弾いている時は、ボディーの箱鳴りが体に響くのでまた違った音に感じます。
倍音も適度にあり、なんと言っても音に深みがあります。
ギターが良いのか弦が良いのかは分かりませんが、自己満足です。

ところで、昨日ナッシュビルチューニングのS.YairiをチューニングしていたらG弦が切れてしまいました。
ナッシュビルチューニングには12弦ギターの副弦を張っているので、また、買ってこようかどうか、迷っていところです。
年に何回かしか使わないナッシュビルチューニングよりも、いつも弾いているノーマルチューニングに戻そうか思案中です。
posted by tomo at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです(^^)
ナッシュビル・チューニング、使う曲が限られますもんね。
G弦はエレキ用のエクストラ・ライト(.008)を買うという手もありますよ。
(^^)/
Posted by たる at 2007年07月24日 06:54
たるさん、おはようございます。

実は、「22才の別れ」の再録音をしていて、ノーマルチューニングが終わり、さあ、ナッシュビルチューニングだと思った矢先に切れたのでガックリでした。
普通の弦は常に買い置きがあるんですけどね。

エレキの弦ですね、いつも行く楽器屋がばらで弦を売っているので探してみます。
アドバイスありがとうございます。
Posted by tomo at 2007年07月24日 07:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49011141
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。