2007年09月24日

ナッシュビルチューニングに新たな発見

今日、昨年のつま恋の録画を見ていました。
そして、石川さんが出てきていよいよ「22才の別れ」が始まりました。
石川さんのギターはナッシュビルチューニングですね。
イントロのリードが終わり曲に入ってまもなく、Emのフレーズに聞き慣れない音が入っているのに気づきました。
今日も、びっしりミックスしていたので聞き慣れない音に気づいたんですね。
良く聞いてみると、1弦のF#音でした。
Emだと1弦は解放なのですが、F#音を入れていました。
オリジナルだと1弦5フレットなのでA音ですね。

私は、えっ?と思い、昔のかぐや姫や風のナッシュビルチューニングの音を聴いて見ましたが、このタイミングではF#音は入っていません。(多分)、石川さんのかぐや姫スタイルを聴いても入ってませんでした。

ところが、昨年の3月のスマスマに正やんと石川さんが出て演奏した「22才の別れ」を聞いてみるとF#音(1capなのでGですね。)が入ってます。
確かに、ちょっとしたアクセントになっています。

「22才の別れ」の再録音とミックスが終わったばかりで気づくなんてなんて事でしょうね。
まあ、今回は、これで良しとして次回録音する事があれば、アクセントとして使ってみようと思います。
posted by tomo at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57051231
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。