2007年09月29日

「22才の別れ」のテンポ

最近、再燃している「22才の別れ」ネタです。
先週、再録音した時に128のテンポにしたのですが、オリジナルと比べて少し遅いので、録音のテンポを決めるため、今日再びオリジナルのテンポを探ってみました。

予想通り、134〜138位の間で変動しています。(^_^;)
イントロは138位で始まり、歌ににはいると135位に落ちます。
その後、刻々とテンポが変わっていました。

オリジナルのテンポに合わせるには、オリジナルをMTRに録音して、それを聴きながら弾けば良いのですが、色々検討した結果、134で録音する事で落ち着きました。

さて、MTRのメトロノームを聴きながら、ベースとなるノーマルチューニングのスリーフィンガーを録音して、その後、リードギターを録音します。

最後に、ナッシュビルチューニングのヤイリを持ち出し、チューニングしていると・・・またしても3弦が切れてしまいました。
2週間位前に張ったばかりなのに・・・

仕方ないので、明日また弦を買ってきてナッシュビルチューニングだけ録音することにしました。

しかし細い弦ですが、弾いた感じではそんなにテンションがかかっていないような気がします。
なぜ切れるんでしょうね〜。
弦とともに私もきれそうになりました。(-_-#)
posted by tomo at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 宅録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔テンポが速いと思ってた曲が 今聴いてみると 案外遅かったりしますが
「22才の別れ」わ 速かったんですね・・・

>なぜ切れるんでしょうね
レギュラ〜 の半音下げチューニングにして カポを使う ってのわ どうでっしゃろ ?
Posted by あ〜てぃ at 2007年09月30日 19:58
あ〜てぃさん

人間の感覚なんていい加減という事ですよね。
今回は、改めてそれを感じました。

とりあえず、今日再再録音をアップしました。
今回で少し疲れたので、しばらくはナッシュビルチューニングは弾かないでしょう。
それにしても、「22才の別れ」本当に良い曲ですね。
こんな曲他にはありませんよね。

Posted by tomo at 2007年10月01日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57927773
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。