2007年11月04日

涙もろい

最近、歳を取ったせいか、少し涙もろくなっいます。

ちょっしたテレビ番組のお涙シーンでは、100パーセント、涙だけではなく、鼻水まで・・・

昨日は、音友あ〜てぃさんのブログで紹介のあったアニメです。
あれには参りました。
表情のあまりないアニメなのにやられてしまいました。

ところで、泣ける話と言えば、こちらも最近話題になっています。

モノローグ 〜木の青年「愛の物語」〜

森でひっそりと暮らしていた木の青年が、ある日森の中で倒れていた女性を介抱し・・・・
最後は、自分を犠牲にして女性を助けるという物語です。

まるで、童話の世界の映像です。
優しそうな木の青年とこれまた優しそうな女性が登場します。

この動画は5分くらいの短いものですが、バックで流れている「モノローグ」という曲もなかなか良いですね。
最初サビの部分を聞くとあのグループ・・と思いましたが、よくよく聞くと違いました。
曲は、右上のブログパーツから聴けます。

調べてみると「TRIPLANE」というグループです。



おまけに、このグループ我が北海道の札幌で結成とプロフにありました。
札幌で結成・・・出身は北海道なのかな・・?
まあ、そんなところで、童話の映像とテンポの良い曲とがマッチしているような気がします。

ところで、木の青年が愛している女性のために献身的というか自分を犠牲にしても守るという気持ち、最近、大人が忘れかけている気持ちのなのかなと、ふと思ってしまいました。

そんな恋がしてみたいな〜・・・はっはっはっ・・って今、思わず今自分の背後を確認してしまいました。(^^;)
ここだけの話です。

見てみたい人は、こちらからどうぞ。

モノローグ 〜木の青年「愛の物語」〜



posted by tomo at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供の頃
「歳をとると涙もろくなって」
…って
言葉を耳にしては
「なんでだろ」って思っていましたが
確かにそうですね。^^;
ほんのちょっとだけ
自分を思いやってくれる言葉に
とっても敏感になったり。
歌を歌っても泣いてしまって
なかなか最後まで録音出来なかったり…^^;

「恋」はいいなぁ
…とつくづく思います。
あのドキドキやセツナイのがたまりませんね。
空気のようになってしまった「愛」も
たまには気付かないといけませんが。
それにはやはりちょっとした工夫がいるんだろうな。
深すぎて安心しすぎて感謝が足りない私です。
Posted by あび at 2007年11月05日 14:47
あびさん

涙を流せるというのは良いことだと思いますよ。
人の気持ちが分かると言うことだと思います。

「恋」・・・・創造的な言葉ですね。
>あのドキドキやセツナイのがたまりませんね。
そうそう、いくつになっても「恋」はしたいです。
「恋」をすることにより、青春時代に戻った気分にしてくれます。

「愛」・・・・これは現実的な言葉です。
これは、ちょっと重たいかもしれませんね。

「恋」も「愛」もどちらも歌を唄うためには、必要な経験です。
特に、正やんの歌を唄うためには・・(^_^)

Posted by tomo at 2007年11月05日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。