2008年02月06日

ギターのリペア

私のギターの原点であるS・Yairiをリペアに出しました。

このギターは、私が15才の時にバイトをして買ったギターで、20才くらいまで弾いていたのですが、その後は就職していつも仕事が忙しく20年以上ケースに入ったままでした。

それが、ひょんなことからエレキギターを買い、再びギター弾くようになり、必然的にこのYairiも弾くようになりました。

もともと良く鳴るギターで、ご存じの通りこのギターを買った頃は、毎日かぐや姫や風の曲を一生懸命弾いていた、いわば私の青春そのものといっても過言ではないくらいのギターでした。
しかし20年間、ケースにしまいっぱなしにしていたせいか、ある日トップとサイドの境目に亀裂が入っていることに気づきました。
最初はほんの少しだったのですが、そのうちその亀裂が広がりはじめ、なんとトップにまで亀裂が入り始めました。

それで、楽器屋さん行ってギターの状況を説明して修理するのにどの位かかるか聞くと、楽器屋さんに「間違いなく10〜20万位かかるでしょうね。」と言われ、仕方なく、今のメインギターのD−28を買ったのです。

そして、このままだと大切なギターが分解してしまうと思い、それからは、ナッシュビルチューニング専用ギターにしてできるだけ負担をかけないようにだましだまし弾いていました。


もともと、S・Yairiはハンドメイドのメーカーで、もうすでに私のギターを製造した会社はありません。
今のS・Yairiは昔の会社とは別物なんです。

ところが、ひょんな事から、インターネットで私のギターを作っていた頃のS・Yairiに勤めていた方がやっているギターショップの存在を知りました。

だめもとで、ギターの状態をデジカメで撮影して、メールで「このギターをリペアするとしたらいくらくらいかかりますか?」と訪ねてみると、なんと1万5千円〜2万円位でできるとのことでした。

そのショップの方はとても、丁寧に対応してくれ信用できるショップだと思い、Yairiをリペアに出す決心をして、先日そのショップにギターを送りました。

20日位で出来上がるとのことでした。
再び、私の青春の音が甦るのを今から楽しみにしています。

戻ってきたら、早速録音して次回の作品にしたいと思っています。


さて、話は変わりますが、昨日プレ王にようやく新しい作品をアップしました。
今週中には公開になると思いますので、どうか聞いてやってください。

今回のテーマは、ピアノとアコースティックギターの競演です。
お楽しみに・・・・
posted by tomo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。