2008年05月11日

エレキギター教室初レッスン(^_^)v

と言うことで、結局エレキギターの個人レッスンを受けることにしました。

昨日電話で申し込みすると、「明日からになります。手続きに少し時間がかかるので早めに来てください。」と言われました。
どんなレッスンが受けられるんだろうと考えると、今日は昼過ぎからそわそわ、ワクワク状態でした。

今まで、教室でのレッスンと言えば英会話くらいしかありませんが、英会話もレッスンを受けると、日常会話くらいは普通にはなせるレベルにまでなった経験がある(もう止めて1年たつと普通にははなせなくなりました。(^_^;))ので、エレキギターも期待は大きく膨らみました。

さて、レッスンの30分前に到着し手続きを済ませていよいよレッスンの始まりです。

レッスンの講師は前回体験レッスンを担当した講師です。
手続きの時に渡されたテキスト(有料)を譜面台に置き、エレキを出してシールドをアンプにつなぎます。

レッスンは、テキストに従って始まり、最初はバッキング〜b(゚ω゚)
ではやくてバッキングの練習です。(*^_^*)

この前も書きましたが、エレキのバッキングはパワーコードと言って、ルート音と5度上の2音の和音をダッダッダッダッ・・・と弾きます。

今日は8ビートのリズムを基本にリズムを刻みます。
とここで、先生が「ん〜、良いんだけど、その弾き方は、アコギのストロークの弾き方ですね〜」と言います。
私は、「えっ?」となりました。

基本的には、右手の手のひらをブリッジ付近を弦に接触させてミュートしながら小刻みに弾く弦だけを狙って弾くとのことでした。

そして、アクセントはこのミュートを解放して変化を付けるんでした。

最初は8分音符のリズムで弾きます。
続いて、2拍目が4分音符のリズム、次に、4拍目の裏の音が次の小節の1拍目とタイでつながっているリズムです。

ここで、先生は、「足踏みでリズムをとって、裏の拍を意識して弾きましょう」と言います。
そういえば、クラプトンのライブで、クラプトンが椅子に座ってアコギを弾き語りした時に、足踏みをしてリズムをとっていました。

なるほど、クラプトンがやっているんだからと、なんの抵抗もなく足踏みをしてリズムをとります。
ところが、これが普通のリズムだと良いのですが、表が休符で裏拍でリズムを入れる時に、ギターにつられて足踏みのリズムが乱れます。

意外と足踏みでリズムをとるって難しいものだな〜と冷や汗です。

この裏拍ですが、曲のノリを入れるのに非常に重要ですとのことで、テキストの3ページに載っていたリフを弾いてくれました。

あっ!これは〜。

先生は「これ聞いたことあるでしょう」と言う暇もなく、私は「クラプトンですね〜」と言っちゃいました。
先生が弾いたのは、クラプトンの「Sunshine of your love」のリフでした。
このリフは、8分音符4つの後に、8分休符が入って裏拍でノリのあるリフとなっています。

次に、「これも裏拍ですよ」といって、ジャッジャッジャ〜ッジャ・・・と弾きました。

お〜!これは、ディープパープルの「Smoke on the water」ではないですか〜。
この曲も4拍目から次の小節の頭に掛けて裏拍のリズムです。

その後、「Sunshine of your love」のリフの練習をちょっとだけしました。
初見でしたが、何回か繰り返しているうちになんとか指が着いていけるようになりました。
私の指使いを見ていた先生は、「ここはこうして・・・」と効率的な指使いまで教えてくれました。
なるほど〜というくらい、自分では我流で弾いてしまいますが、先生が弾きやすく効率的な指使いを教えてくれ、当たり前ですが感動してしまいました。(T_T)
やっぱりレッスンに来て良かったと思いました。

そんなところで、もうレッスン終了の時間です。
個人レッスンは時間が30分と短く、あっ!という間のレッスンでした。
終わった瞬間に、早く来週のレッスンが受けたいと気持ちにさせられ、来週は長〜い1週間になりそうです。

感想としては、自分的には、アコギをある程度弾けるので、エレキも楽勝かな〜と思っていましたが、エレキはエレキの世界があって、そう簡単には弾くことができないことを思い知らされました。
まあ、だからレッスンを受けに来ているんですけどね。

さあ、来週のレッスンに向けて予習・復習をがんばるぞ〜(^o^)/
この記事へのコメント
テキストに実際に聴いたことがあるフレーズが出てると嬉しいですね。
裏拍を意識すると、あー意外にゆっくりなんだなぁ…って感じてのめったりしなくなります。
そうそう時々先生に了解を得て録音もします。
楽しそう〜♪ 頑張って下さい。^^v
Posted by あび at 2008年05月11日 08:04
あびさん、おはようございます。

この年になって、習い事をするのって結構勇気が必要ですよね。

ただ、ギターの上達のためと思い、謙虚な気持ちになって(これが一番大事!)レッスンを受けることにしました。

目からウロコもありました。
ここにきて、意外とギターもリズムがリズムが難しいことを痛感しています。

テキストの練習フレーズも、つまらない単調なものよりも、聞いたことのあるというか、これ弾きたかったな〜というフレーズが出てくると練習のモチベーションも上がりますよね。

とにかく、始めて良かったと思っています。

あびさんも、Tears in heaven の練習がんばってください。
Posted by tomo at 2008年05月11日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。