2009年08月24日

引っ越しました。

ブログをこちらに引っ越ししました。

http://tomsakai.blog21.fc2.com/

新しいところで、また心機一転がんばりますので、引き続きよろしくお願いします。


posted by tomo at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

ライブ3週目

先々週から続いている連続ライブもいよいよ第3週目に入りました。

先週と同じように、ライブ前に軽く音合わせをして、いざ会場へ。

今回は、スナックを貸し切りでのライブです。

演奏はカウンターのの中という、ちょっと変わった趣でやります。

曲目はほとんど先週と同じで、主に、保険屋さんのオリジナル曲です。
私は、同じようにギターのみの参加で・・・と思っていたのですが、1曲歌うことになりました。(^^;)
かぐや姫の「この秋に」と言う曲で、キーが合わずどうかと思いましたが、とりあえず挑戦です。

前半は、suger.nさんと保険屋さんで数曲やり、その後休憩を挟み、3人で始めます。

後半のオープニング後、いよいよMY turnです。
予想通り、歌は思うようにいきませんでしたが、まずまずこんなもんでしょう。
私の歌の番が終わると、後はギターの演奏のみなので、ホッと一息といったところでしょうか。

ところで、会場には、中学の同級生が3人来ていて、1人は中学卒業後、実に34年ぶり、後の2人も25年ぶりくらいでした。
非常に懐かしかったです。
演奏が終わって、しばしsuger.nさんも含めて、「今、あいつは何をやっているんだ〜」なんて話に花が咲きました。

さて、演奏はというと、これからビデオを見てチェックしますが、先週と同じかな〜という感じでした。
まだまだ、曲全体のイメージがつかめてないので、細かいところの息が合いませんでした。
これからというところですね。

さて、来週はというと、別件の用事があるのでお休みです。
ちなみに、suger.nさんと保険屋さんは、札幌市内でライブをやる予定です。

suger.nさん、保険屋さん、お疲れ様でした。
posted by tomo at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

音源アップその2

昨日に引き続き、今日も1曲アップします。

これも、保険屋さんのオリジナルで「One Night Show」と言う曲です。

http://wish-musican.up.seesaa.net/image/one20night20show.mp3


「Loose」と同じく、私はギターのオブリのみで、保険屋さんがギター&ボーカル、Suger.nさんが、ベース&コーラスです。

この曲は、ブルースぽい曲なので、それを意識してオブリを入れてみましたが、どうもEmペンタで入れたつもりが、途中気づくとAmペンタになっていました。(^^;)
音が時々外れているのはそのせいです。
まあ、その辺がブルースぽくて良いという人もいるかもしれませんね。

次回はもっとブルースぽくギターを入れたいと思います。
posted by tomo at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ライブ三昧

久しぶりの更新です。

ここのところ、何をやっていたかというと、レッスンを受けている教室でのバンドライブが先週あり、2ヶ月近く1曲のみを練習し続けていました。
おかげさまで、無事バンドのライブは終了しました。

昨日は、バンドではなく、旧友のSuger.nさん&旧友の友人の保険屋さんと3人でアコースティックライブです。
2週連続ですが、札幌市内のとあるライブハウス?で演奏してきました。
主に保険屋さんが作ったオリジナル曲がメインです。
私は、初めて彼らに合流したため、ライブの数時間前に音合わせをして、本番1発勝負で望みました。(^^;)

結果はというと、まあ楽しくやることができました。

数曲演奏した中で、私の演奏のベストテイクをアップしてみました。

http://wish-musican.up.seesaa.net/image/Loose.mp3

ベストと言っても下手です。<(_ _)>
私は、ギターのみの参加で、曲中にアドリブでオブリを入れています。

曲の構成は、
● ボーカル&ギター〜保険屋さん
● コーラス&ベース&小道具〜Suger.nさん
● 下手くそなオブリ〜私
となっています。
けっこう、きれいなハーモニーで歌っているので、今後も楽しみです。
私はギターの腕をもう少し磨いて、曲を盛り上げていきたいと思います。

さて、2週連続でライブをやりましたが、2度あることは3度あるで、来週の日曜もこの3人でライブの予定です。
まさしくライブ三昧です。

お疲れ様でした。

posted by tomo at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

ご無沙汰してます

皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか?
1ヶ月半くらい、ここを放置してしまいました。m(_ _)m

最近、エレキギターのレッスンの課題が難しくなって、毎日練習、練習・・・とまではいきませんが・・・

ギターを真剣に練習するとこんなに難しいなんてこの年になって知らされています。
やっぱりギターは、気分で弾くのが一番ですね。(^_^;)

さて昨日、石川鷹彦ライブに行ってきました。
前回は、Y社の新作ギターのデモンストレーションでしたが、今回は純粋なライブです。

会場はアットホームな感じの小さめの会場です。
全席自由席で私が会場に着いたときにはすでに8分くらい席が埋まっていて、私が座ったのは真ん中の後ろの方で、映画を見るならちょうど良いのですが・・・

ステージの中央にはギターが3本立てられていましたが、向かって右にはepiphone、中央にカオルギター、そして左には・・・よく見えません。

さあいよいよライブの始まりです。

曲目は

○ イーハトーヴの朝
○ チャーリーの長靴
○ 無憂樹
○ Dori
○ Saraca Asoca
○ Sirius

と続きます。

次は・・・忘れちゃいました。
なんでも、昔のアメリカのテレビドラマの中で主人公が弾いていた曲らしいです。
次の曲は・・・これも忘れちゃいました。(^_^;)
ビートルズの曲で何とかcomes the・・と言う曲名だったような気がします。
続いて

○ 千の風に吹かれて

です。

さて、ここで前回と同じくイントロシリーズです。

○ 22才の別れ
○ 海岸通り
○ シクラメンのかほり
○ 僕の胸でお休み
○ 花嫁
○ 精霊流し
○ りんご

と続きます。

続いて、最初のサプライズです。
札幌出身で元ふきのとうの山木さんがゲストで出てきました。
そして、石川さんと山木さんでふきのとうの
○ 春雷
を歌いました。

さらにサプライズ第2弾で佐々木幸男さんが出てきました。
曲は
○ セプテンバーバレンタイン
を3人で演奏です。
佐々木さんの歌が・・・あのハスキーな歌声に感動しました。(T_T)

3人の演奏の締めは
○ 白い冬
です。
3人でギターを弾いて、リードボーカルが佐々木さん、石川さんと山木さんはコーラス。
そして石川さんがリードギターを入れます。
これまた感動しました。(T_T)

2人がステージから下がり、またまた石川さん1人にもどり
○ クリオネ
演奏します。
ここで、最初わからなかったギターに変えました。
ヘッドを見るとY社のギターでした。
ところで、クリオネの演奏を見ていると、低音弦を弾いているのに音が低くない・・・かといってハイポジションで弾いているわけではありません・・あっ!もしかしてナッシュビルチューニングか〜。
曲が終わり、石川さんから説明があり、私の予想通りナッシュビルチューニングでした。(^_^)V

いよいよ終盤です。

○ 涸れた川
○ メヴラーナ
○ 月光の彼方
を弾いて終了です。

アンコールは
○ Anji
○ 再会
で本当に終了しました。

前回と違うところは、ギターです。
1〜2曲はepiphoneを弾いていました。
枯れていい音でした。

そして、今回のメインはカオルギターでこれがすばらしくいい音でした。
甘く響く音でした。
ヘッドの模様からおそらくKAMUYだと思います。

やっぱりアコースティックギターの音は心にしみますね〜。
久しぶりに良い音楽を聴かせてもらいました。

佐々木幸男さんの歌もしびれたな〜・・・・
posted by tomo at 22:34| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

引っ越し後1週間

4月1日に引っ越しをして1週間がたちました。
ようやく荷物の整理がつき、昨日は引っ越しをしてから初めてギターを出して弾くまでになりました。

最初に、約束していた「あどけない君のしぐさ」を・・・
イントロしか覚えていない・・・(^_^;)
とりあえず、CDを聴きながらコードを探ります。
この曲はメジャーの様でマイナーの様な曲です。
感じとしては、Emなのですが、出だしはEmではないですね。

イントロから曲に入る時にベースランニングがE→Bとなっているので、容易にGになるのが予想されますね。
それで出だしはGで当たりです。

次は、Emのコードだから、お決まりでは、D、C、B7、Amあたりですね。
・・・どれもあてはまらないな〜。
いきなり、つまってしまいました。

何となく響きが7thですね・・・E7です。

次は、ここもベースがA→B→Cと変化しているので、ここもお決まりのパターンでAm、Cと続きます。

次は、C→Dです。
これもよく使うパターンですね。
次にようやくEmに戻りますが、次の小節は聞き覚えのあるB7の響きです・・・・と耳コピーをしてみました。
まだ、完全ではありませんが、とりあえずコード進行は探り当てました。

しかし、この曲はアルペジオで2本のギターを使って演奏しています。
もう少し、楽譜おこしには時間が掛かりそうです。

さて、いよいよ5年ぶりの単身赴任が始まりました。
そして、一人暮らしをすると必ず思い浮かぶ曲があります。

あ〜あ、寂しいな〜(T_T)
posted by tomo at 23:05| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

気が付けば2週間も・・・

ここを放置状態でした。(汗)

別に長旅していたわけでもなく、ギターも弾いておりました。
時々陥る単なるネタ切れです。
そろそろ、何か書かないと忘れられそうなので・・・

何を書こうかな〜。

そうだ、チューニングについて書きましょう。

某大型SNSで、ギターのチューニングのアンケートがあり、回答者の約7割がチューナーを使っているとのことでした。
今は、とても便利なチューナーがたくさん出ていて、聴覚ではなくて視覚でギターの音を合わせられる便利な時代となっています。

何が良いというのは、人それぞれの考え方なので、ここでチューナーがどうのこうのと人に喧嘩を売っても仕方ありませんが、音叉しかなかった時代からギターを弾いてきたおじさんにとっては、やはり耳を鍛える意味でも、しっかりと音叉によるチューニングを推奨します。

そしたら、あんたはチューナーを使っていないのかというとそうでもなく、弾いている途中に音叉を叩くのが面倒なので、チューナーも使っていますが、基本的には音叉でチューニングしています。

ギターをケースから取り出してチューニングが安定するまでは、何度か音叉を叩いてチューニングしています。

音叉でチューニングする利点は、音感が養えることでしょうか。
使っているうちに、音叉を叩かなくても限りなくA音に近い音に合わせることが出来るようになります。
音感が良くなると、CDを聞いて音をコピーすることが出来るようになります。

最近は、あまりオリジナルをコピーすることはないのですが、オリジナルを知らずしてカバーはあり得ないと思っています。

皆さんも、目でチューニングするのではなく、たまには音を聞いてチューニングしてみてください。
posted by tomo at 23:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

新兵器を入手

いつか手に入れようと思っていた物を手に入れました。

Pro Harp.jpg

これでまた、弾き語りのバリエーションが広がりました。
これがあれば、あんな歌やこんな歌で使えます。

さあ、これでまた何か録音してやるぞ〜
・・・なんか、上手く吹けない・・・・
ハーモニカなんて小学校の時以来です。
やっぱり、練習しなきゃ吹けないですね。

posted by tomo at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

涙もろい

最近、歳を取ったせいか、少し涙もろくなっいます。

ちょっしたテレビ番組のお涙シーンでは、100パーセント、涙だけではなく、鼻水まで・・・

昨日は、音友あ〜てぃさんのブログで紹介のあったアニメです。
あれには参りました。
表情のあまりないアニメなのにやられてしまいました。

ところで、泣ける話と言えば、こちらも最近話題になっています。

モノローグ 〜木の青年「愛の物語」〜

森でひっそりと暮らしていた木の青年が、ある日森の中で倒れていた女性を介抱し・・・・
最後は、自分を犠牲にして女性を助けるという物語です。

まるで、童話の世界の映像です。
優しそうな木の青年とこれまた優しそうな女性が登場します。

この動画は5分くらいの短いものですが、バックで流れている「モノローグ」という曲もなかなか良いですね。
最初サビの部分を聞くとあのグループ・・と思いましたが、よくよく聞くと違いました。
曲は、右上のブログパーツから聴けます。

調べてみると「TRIPLANE」というグループです。



おまけに、このグループ我が北海道の札幌で結成とプロフにありました。
札幌で結成・・・出身は北海道なのかな・・?
まあ、そんなところで、童話の映像とテンポの良い曲とがマッチしているような気がします。

ところで、木の青年が愛している女性のために献身的というか自分を犠牲にしても守るという気持ち、最近、大人が忘れかけている気持ちのなのかなと、ふと思ってしまいました。

そんな恋がしてみたいな〜・・・はっはっはっ・・って今、思わず今自分の背後を確認してしまいました。(^^;)
ここだけの話です。

見てみたい人は、こちらからどうぞ。

モノローグ 〜木の青年「愛の物語」〜



posted by tomo at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

見つからない

ここ何年か探している曲があります。
今から32年くらい前の曲で、女性が歌っています。

歌い出しが
「あなたのくれた幸せの代わり、手編みのセーター編みました・・・」
です。
別にどってことない曲なのですが、どうしてもこの曲が聴きたくて探しています。
歌っている人も曲名が思い出せないのです。

それで今回、これだ!と思った曲があったのです。


★Live!! Popcon History U★

です。
このアルバムの中の
愛/DoDo
です。

それで、このアルバムを注文して今日届いたので早速聞いてみると・・・残念ながら外れ〜です。
がっかりです。

まあ、このCDは他に懐かしい曲ばかり入っているので良しとしましょう。(^_^;)
posted by tomo at 23:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

クラシック音楽のすすめ

今年は、「のだめ」の影響でクラシックを聴く人が増えたそうです。
多分聴き慣れない人にはつまらなく聞こえるかもしれませんが、よくよく聴いてみると、いくつものメロディーが重なり合ってとても興味深くて、そして音楽の勉強になると思います。

え〜っと思う人もいるかもしれませんが、ロックもクラシックの影響を受けいています。

私は、90年代に、世に出てくる音楽があまりにもつまらなく、また息子がピアノを弾いていたのでクラシックばかり聴いていました。

まずは、その息子が中学1年の時に演奏したモーツアルトのピアノソナタです。
http://tomo099.multiply.com/video/item/5


次に、ピアノとくればショパンですね。
ショパンのピアノ曲はとても叙情的で素晴らしいものばかりです。
その中でも私が好きな曲はノクターンの第20番 嬰ハ短調です。

http://www.voiceblog.jp/andotowa/244412.html

もともとこの曲は遺作で作品番号が付いておらず、発見された譜面には「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」としか書かれていなかったようです。

さて次は、ショパンと並んでピアノの達人だったリストです。
リストの曲で有名なのが「ラ・カンパネッラ」ですね。
私もこの曲が好きですが、今回は違う曲をおすすめします。
「コンソレーション」という曲です。

http://www.voiceblog.jp/andotowa/328584.html

とても物静かな曲ですが、メロディーの展開がとても素晴らしい曲です。
癒しの1曲です。


次は、ドビュッシーの「夢」です。どうしても聴いていたのがピアノ曲ばかりだったのでピアノに偏りますね。(^_^;)

http://www.voiceblog.jp/andotowa/350036.html

この曲は、小学生高学年から中学生にかけてのピアノの練習曲として使われていますが、とてもロマンチックな曲なので大人になってから弾いて欲しいな〜なんて思っています。
ドビュッシーはどちらかというと現代曲に近いですね。


さあ、そろそろオーケストラの曲が聴きたいですね。
私のお薦めは、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」
です。

http://www.voiceblog.jp/andotowa/285429.html

スケールのが大きいのにとても優しいメロディーが聴けます。


最後にとっておきの曲を紹介します。
同じラフマニノフの「ヴォカリーズ」と言う曲です。

http://www.voiceblog.jp/andotowa/188137.html

泣ける1曲です。


いかがでしたか、これこそ音楽の原点ですね。
今のつまらない(失礼!)音楽に聞き飽きたら、たまにはクラシックを聴いて耳も心も癒してください。


ところで、今回音源に使わせて貰ったのは、「クラシック名曲サウンドライブラリー」
http://www.voiceblog.jp/andotowa/
というページで、聴くからにはMIDIで作ってあると思うのですが、曲によってはとてもMIDIとは思えない曲もあります。
素晴らしい曲ばかり聴かせて頂きました。
ありがとうございましたm(_ _)m
posted by tomo at 15:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

ギターと地球温暖化

最近ちょっと気になるのが、ギターの材料となる木が無くなってきたと言う事です。
昨年私がD−28を買う時に、店員さんが「ネックのホンジュラスマホガニーがもう取れなくなってきて、近々ネックはマホガニーじゃなくなるみたいだよ」と言っていました。
幸いにも、クリニックの時に●澤楽器の人が私のギターを見て、「このネックはマホガニーですね。」と言ってくれホッとしました。

その昔は、ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)が希少な材として輸出が禁止となり、今ではこの材が使われたギターが、とんでもない価格で取引されています。

私の愛器であるS・Yairiも合板ではありますが、サイドとバックがこのハカランダなのであります。

ギターに限らず、世界中で森林破壊が進んでいるのと、二酸化炭素の排出過多とが相乗効果となり、地球温暖化という問題になっています。

と言う事は、私のギターも地球温暖化に影響しているのかも・・・

そう言えば、最近、元アメリカ副大統領が出演していた映画「不都合な真実」もこの地球温暖化を問題提起する内容でした。

地球の気温が上昇すると、海面が上昇するだけではなくて、異常気象なんかも引き起こすみたいです。
最近の異常気象はもしかすると地球温暖化の影響かもしれませんね。
何年か前の映画「デイ・アフタートゥモロー」も地球温暖化による異常気象の映画だったような気がします。

ちょっと話が飛躍してしまいましたが、今、本当に真剣に考えなかったら自分の子供や孫の世代には地球はどうなっているか分かりませんね。

私も、出来る事から始めなきゃならないですね。
ギターは・・・やっぱり止められないから、その分二酸化炭素の排出を抑えます。
とりあえずは、今まで近くでも車で行っていましたが、これからは自転車にします。(雪が降ったら許してね〜)

木と言えば、あのアコギのイントロで始まる♪この木何の木、気になる木〜♪を思い出しました。
新婚旅行でオワフ島のダイヤモンドヘッドに行った時にガイドさんが、「この木が日立のCMの木です。」と説明してくれました。
ハワイにあったなんて知りませんでした。
そう言えば、その日立さんも最近「キメクル」という動画等を配信する無料の携帯アプリに「きになる真実」という地球温暖化のコンテンツを作ったようです。

♪気になる木〜♪の日立さんが「不都合な真実」を紹介するコンテンツ「きになる真実」ですか・・・座布団1枚!

とりあえず、私たちも出来るところから始めましょう、という一つのきっかけ作りが必要なんですね。

ギターと地球温暖化・・・今度オリジナルでも作ろうかな〜。
posted by tomo at 20:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

オリジナル曲への第2歩

昨日のコード進行にイントロのみを追加してみました。
ちょっと曲らしくなってきました。

ところで、昨日の形式でアップするとテンポが微妙に遅くなっています。
なので、今日はブリーフケースにしてみました。

データーはこちらです。
posted by tomo at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

オリジナル曲への第1歩

昨日ギターを弾いていて、何となくひらめきがありました。
いつも適当に、コードを弾きながらオリジナルのネタを探っているのですが、ようやくこのネタになりそうなコード進行を見つけました。

とりあえずこれを聴いてください。

キーは私の好きなDです。
これからメロディーを考えますが、もう既に頭の中では色々なメロディーが流れています。(危)
まだまだ、半歩踏み出した程度ですので完成まで気長に見てやってください。
posted by tomo at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

今日は雨

寒いです。
気温は10℃位かな〜通勤途中の駅のホームの上で携帯を持つ手がかじかんでいます。
もう5月の下旬になるというのに……

そう言えば、昔は雨の歌が沢山ありました。
雨に消えた微笑み〜かぐや姫
今日は雨〜南こうせつ
雨の物語〜イルカ(正やん)
雨だれ〜太田裕美
雨音はショパンの調べ〜小林麻美
雨〜三好えいじ?三善英史
などなど

雨はなんとなく気分を落ち込ませるから歌にしやすかったのでしょうね。

最近は雨の歌が出て来ないです。(少なくとも私が聴く歌には)
心にしみる雨の歌が無性に聴きたくなりました。

おっと、忘れていました
通り雨〜風
がありました(汗)


追加

雨の慕情〜八代亜紀
なんかも良いですね。
雨、雨、降れ、降れもっと降れ〜♪
ってそんなに降ったら水害になってしまいますよ〜(爆)
posted by tomo at 08:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

声が若い?

昔録音したカセットテープを探していたら、なんと!私が16歳の時に友人とやったライブのテープが出てきました。
早速、聴いてみると・・・・・
誰だ、この声は?
だけどこの曲を歌っているのは私だよな〜
そうです、30年前の自分の声でした。
当たり前ですが、子供の声です。
今の声に聞き慣れていたため、一瞬誰の声かわかりませんでした。(汗)

音は、テープからオーディオインターフェィスからDAWへ録音し、ノイズの処理だけをしています。
しかし、30年前の録音ですが、当時楽器屋さんからPAを借りて録音したため結構いい音で録れています。
感動です。
ところどころ音飛びしていますが、これはテープが悪いのではなくて、PCに録音する時に切れたものです。
ネットにアクセスする時にどうも音が切れるらしい・・

歌が下手なのはやっぱり昔からでした。
ただ、若いだけあって高い方の声は楽に出てました。
他にはなにも望みません(ウソ)、声だけで良いから昔に戻りたいな〜
ギターも間違いだらけですがちょっと聴いてみてください。

2曲とも私のボーカルです。
1曲目は、私がギターでアルペジオ、私の友人がフラットマンドリンを弾いています。

2曲目は、私がリードギターを担当し、友人がハーモニカとサイドギターです。
しかし、このリードギター下手、もっと練習しろ〜と昔の自分にいってやりたいです。
posted by tomo at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

こんな所で紹介されていたが・・・

時々、ブログのアクセス状況を調べるのですが、実は、あるところで私のブログが紹介されていました。(リンクを切りました。)

なんとビックリです。
プレ王を紹介するのに持ち出されていますが、タイトルが、「団塊世代の音楽事情(2)〜オヤジミュージシャンも悪くない」だって。
私は、おやじミュージシャンだけれど団塊世代ではありません。
まあ、この辺は良いのですか゛、記事の中で

・・・ブログの主が演奏した「22歳の別れ」を聴くことができる。「プレイヤーズ王国」という、だれもが自分の作品を投稿でき、無料で聴くことができる音楽コミュニティサイトを利用して公開しているのだ。出来栄えはご愛嬌だが、本人は大いに満足だろう・・・

ん?

・・出来栄えはご愛嬌だが、本人は大いに満足だろう・・・・

確かに下手くそだけど、これはないでしょうに(-_-#)
それに自分の出来栄えになんて満足なんかしていない!

記事を読んでいてなんか腹が立ってしまいました。

この記事の日付を見ると去年の9月から書かれている記事です。
早く気づいてクレームのコメントを入れてやれば良かった。(怒!)

しかし、この世界どこでどうなっているかわかりませんね。
posted by tomo at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

パソコンの掃除

最近、起動時間がやたら長くなったのと、ソフトの動作が重くなってきたパソコンの掃除をしました。
一番の理由はSONAR6の動きを良くするためです。

といっても、中を開いて掃除機をかけたわけではありませんよ。
Windowsのシステムが入っているドライブをフォーマットして、再インストールしました。

2年ぶりだったので、今までちょこちょこフリーソフトなんかをインストールして、常駐ソフトなんかもあったので、この際、一掃しました。

そして、立ち上げると、今までの遅さが嘘のようにスパッと動きます。
まあ、必要なソフトも再インストールしなきゃならないんですけどね。
これで、消えた、データーの再作成の環境が整いました。
しかし、この作業、データの退避なんかで、この土日が潰れてしまいました。
今週は、東京の日帰り出張なんかも入っているので、本格的な作業開始は、春分の日あたりからですね。

昨日、ハードディスクをフォーマットしている間に(300Gをフォーマットしたので恐ろしく時間がかかりました。)、テンポをオリジナルに近づけたギターとボーカルを録音したので、残りは、ドラムと、ベースと・・・となりました。

今月中に完成させてアップを目指すぞ〜(^o^)/
posted by tomo at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

いってきました

今日は、札幌ドームで待ちに待ったクラプトンのコンサートです。

061126_1907~0001.jpg


あまり、知っている曲はありませんでしたが、クラプトンのギターはさすがと言う泣きのギターで感動してきました。
全体的に言うと、今回のコンサートの目玉であるトリプルギターにちょっと凝りすぎたかなという感じはしましたが、コンサートの中盤には、お約束のアンプラグドでOOO28を持ち出し弾き語りもあり、個人的には満足できるコンサートでした。

例のレイラですが、後半にアンプラグドではなくいつものストラトでリフを聴かせてくれました。
これは、感動ものでした。
しかし、ビジョンに写るクラプトンは、やっぱり年には勝てず、見た目じいさんになっていましたが、ギターを弾いて歌っている時のクラプトンはとても渋く、自分もあんな渋いじいさんになりたいな〜と思わせるほど、やっぱりクラプトンは格好良かったです。
ところで、OOO28は、いい音なっていましたよ。

TOPに戻る
posted by tomo at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

明日はいよいよ

クラプトンのコンサートです。
この日が来るのをどれだけ待ったことか。

クラプトンは、ギターを弾くことを忘れかけていた私を目覚めさせてくれた、恩人と言っても過言ではありません。
私も、クラプトンみたいに何歳になっても渋いおっさんでいたいです。
そろそろブルースにも手を染めてみようかな〜。

ところで今回の一番の興味は、「レイラ」をどう演奏するかです。
アンプラグドも良いけど、やっぱりストラトを歪ますリフから始まるのも良いですね。
結果のレポをお楽しみに。
posted by tomo at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。