2008年10月19日

今まで知りませんでした(^^;)

私は、アコースティックギター出身で、それも昔はシンプルなコードの曲ばかりでした。
時々、変わったコードいってもM7、Dimくらいです。

それが最近では何か複雑なコードばかりですよね。

そんなことで、先日のエレキギターレッスンで、ちょっとしたコードの説明がありました。
今更ながらと思いながらも、謙虚に話を聞いていました。

メジャー、マイナー、M7、7thと進みました。
この辺くらいまでは、なんとなくというか、長年引いているコードなのでOKです。

そして9thです。
9thは、3度の和音(1、3、5度)の9th(9度)の音を足すのかと思っていましたが、実は9thの他に7thの音も入るとのことです。
つまり、7th以上のコードには必ず7thの音が入るらしいです。

それで、9thだけが入るコードは、add9となるそうです。
へ〜っと感心しました。
今まで、そんな突き詰めて弾いたことがなかったので知りませんでした。
そんな理論を知っていると、コードの形を知らなくても音を拾って形が出来ますね。

それから、もう一つコードの右上に−9とか表記されていることがありますよね。
私は、てっきりこれは9thの表記かと思っていましたが、これはただの9出はなくて−9なんですね。
そんなこと言われなくても知っているよと言う人はスルーしてくださいね。
私は、−をマイナスではなくてハイフンだと思っていました。(^^;)

これは、9thではなくて-9thだそうです。
つまり9thの音の♭となります。
おまけに−があると言うことは+もあると言うことですね。
これは、9thの♯になるんですね。

いや〜、もう知らないことはないと思っていましたが、音楽の世界はまだまだ未知の部分がありますね。

まだまだ勉強だ足りませんでした。(^^;)>
また一つ賢くなりました。
posted by tomo at 23:16| Comment(2) | エレキギターレッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

ミュート

アコースティックギターを弾いているときはあまり意識していませんでしたが、エレキを本格的に習うようになって、ミュートの大切さを感じています。

ところが、このミュートが私には非常に難しいです。(>_<)
なぜかというと、鳴らす音でない弦に意識を持っていかなければならないからです。
鳴らす弦だけでも、指使いやピッキングでパニック状態になっているのに、更に既に鳴らした音を消さなければ鳴らないなんて・・・

段々求められるテクニックのレベルが上がって来て、1週間では課題を消化するのに時間が足りなくなってきました。
その割には一向に上手くならないし・・・(T_T)
まあ、泣き言言っても仕方ないのでがんばるしかないですね。

なんとなく、中学校の時に必死でかぐや姫をコピーしていたことを思い出しています。
ギターて練習していると何となく弾けるようになるんですよね。
根気は必要ですが、必ず結果が出ると信じてがんばりま〜す。(^^)/
posted by tomo at 22:29| Comment(2) | エレキギターレッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

エレキギターレッスン〜3連符

前回から3連符の練習をしています。
今更ですが、3連符は1拍に同じ長さの音符を3つ打ちます。
8ビートでしたら表と裏、16ビートでしたら1拍に4つと偶数でリズムを取りやすいのですが、3連符は奇数なので微妙なリズムとなります。

ところがよくよく考えてみれば、昔から3連符のリズムはやっているんですね。
例えば古いところから行くと、グレープの精霊ながし、中島みゆきの時代、それからかぐや姫では・・・・ないかも(^_^;)
風では・・・・ないかな・・・おっと大久保君のふるさと町は今もがありましたね。

それでエレキギターですが、これが単純な3連符だけではなくシャッフルという3連符の1つめと2めの長さの音と、3つめ音の2つの音を1拍で打つリズムがあります。
付点音符に似ているのですが、ちょっと違うのかな〜。
いずれにしても跳ねるリズムです。

ここで思い出しました、「22才の別れ」は、このシャッフルリズムなんです。
私は最初、付点のリズムだと思っていたのですが、この曲をアレンジした石川鷹彦さんか、「3連符のリズムをしっかりと持って演奏すること」とコメントしています。

さて、この3連符のリズムはパワーコードでリズムだけ刻んでいる内は非常に簡単なのですが、リフなんかで単音を3連符で弾くのは難しいです。
特にピッキングで、3連符をダウン、アップ、ダウンの順番で弾き、その後ついついアップ、ダウン、アップと引いてしまいそうになるのですが、先生からダウン、アップ、ダウンの繰り返しで弾いてくださいと指摘されます。
これも、1つの弦で弾けばなんとか出来るようになったのですが、弦の移動があるともうダメ・・・(>_<)
これは、もう弾き込んで慣れるしかないですね。

それでは、今日練習したリフを3つほど



ちょっともたっていますね。(^_^;)

さ〜て、海岸通りの練習しよ〜っと。
posted by tomo at 22:43| Comment(0) | エレキギターレッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

指が動かない〜

先週のレッスンで指の動きを練習するテクニカルを教わりました。
人差し指、中指、薬指、小指の順番に1弦ずつずらしていき、今度はフレットをずらしていきます。

最初はゆっくりと・・・指が動かない(^_^;)
なんでこんな簡単なテクニカル練習が出来ないんでしょうね。

特に薬指から小指が・・・いや小指が動かない。
そういえば小指を他の指みたいに使ったことはありまなかったですね。

結構きついですが、各指がバラバラに自由に動かせるようになるためにがんばらなくちゃ(>_<)

基礎から習うと今までの指癖を直すのにちょっと苦労しそうですが、がんばらなくちゃね。
めざせクラプトン!

posted by tomo at 22:20| Comment(2) | エレキギターレッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

エレキギター教室初レッスン(^_^)v

と言うことで、結局エレキギターの個人レッスンを受けることにしました。

昨日電話で申し込みすると、「明日からになります。手続きに少し時間がかかるので早めに来てください。」と言われました。
どんなレッスンが受けられるんだろうと考えると、今日は昼過ぎからそわそわ、ワクワク状態でした。

今まで、教室でのレッスンと言えば英会話くらいしかありませんが、英会話もレッスンを受けると、日常会話くらいは普通にはなせるレベルにまでなった経験がある(もう止めて1年たつと普通にははなせなくなりました。(^_^;))ので、エレキギターも期待は大きく膨らみました。

さて、レッスンの30分前に到着し手続きを済ませていよいよレッスンの始まりです。

レッスンの講師は前回体験レッスンを担当した講師です。
手続きの時に渡されたテキスト(有料)を譜面台に置き、エレキを出してシールドをアンプにつなぎます。

レッスンは、テキストに従って始まり、最初はバッキング〜b(゚ω゚)
ではやくてバッキングの練習です。(*^_^*)

この前も書きましたが、エレキのバッキングはパワーコードと言って、ルート音と5度上の2音の和音をダッダッダッダッ・・・と弾きます。

今日は8ビートのリズムを基本にリズムを刻みます。
とここで、先生が「ん〜、良いんだけど、その弾き方は、アコギのストロークの弾き方ですね〜」と言います。
私は、「えっ?」となりました。

基本的には、右手の手のひらをブリッジ付近を弦に接触させてミュートしながら小刻みに弾く弦だけを狙って弾くとのことでした。

そして、アクセントはこのミュートを解放して変化を付けるんでした。

最初は8分音符のリズムで弾きます。
続いて、2拍目が4分音符のリズム、次に、4拍目の裏の音が次の小節の1拍目とタイでつながっているリズムです。

ここで、先生は、「足踏みでリズムをとって、裏の拍を意識して弾きましょう」と言います。
そういえば、クラプトンのライブで、クラプトンが椅子に座ってアコギを弾き語りした時に、足踏みをしてリズムをとっていました。

なるほど、クラプトンがやっているんだからと、なんの抵抗もなく足踏みをしてリズムをとります。
ところが、これが普通のリズムだと良いのですが、表が休符で裏拍でリズムを入れる時に、ギターにつられて足踏みのリズムが乱れます。

意外と足踏みでリズムをとるって難しいものだな〜と冷や汗です。

この裏拍ですが、曲のノリを入れるのに非常に重要ですとのことで、テキストの3ページに載っていたリフを弾いてくれました。

あっ!これは〜。

先生は「これ聞いたことあるでしょう」と言う暇もなく、私は「クラプトンですね〜」と言っちゃいました。
先生が弾いたのは、クラプトンの「Sunshine of your love」のリフでした。
このリフは、8分音符4つの後に、8分休符が入って裏拍でノリのあるリフとなっています。

次に、「これも裏拍ですよ」といって、ジャッジャッジャ〜ッジャ・・・と弾きました。

お〜!これは、ディープパープルの「Smoke on the water」ではないですか〜。
この曲も4拍目から次の小節の頭に掛けて裏拍のリズムです。

その後、「Sunshine of your love」のリフの練習をちょっとだけしました。
初見でしたが、何回か繰り返しているうちになんとか指が着いていけるようになりました。
私の指使いを見ていた先生は、「ここはこうして・・・」と効率的な指使いまで教えてくれました。
なるほど〜というくらい、自分では我流で弾いてしまいますが、先生が弾きやすく効率的な指使いを教えてくれ、当たり前ですが感動してしまいました。(T_T)
やっぱりレッスンに来て良かったと思いました。

そんなところで、もうレッスン終了の時間です。
個人レッスンは時間が30分と短く、あっ!という間のレッスンでした。
終わった瞬間に、早く来週のレッスンが受けたいと気持ちにさせられ、来週は長〜い1週間になりそうです。

感想としては、自分的には、アコギをある程度弾けるので、エレキも楽勝かな〜と思っていましたが、エレキはエレキの世界があって、そう簡単には弾くことができないことを思い知らされました。
まあ、だからレッスンを受けに来ているんですけどね。

さあ、来週のレッスンに向けて予習・復習をがんばるぞ〜(^o^)/

2008年04月26日

エレキギター体験レッスン記

今日、Y社の体験レッスンに行ってきました。
去年は、エレキベースの体験レッスンを受けましたが、その後仕事が忙しくなって結局はそのまま・・・・・

今年は、心機一転、エレキギターのレッスンを受けてきました。
なぜアコースティックギターではないかというと、どうもいまいちエレキギターの弾き方が分からないからです。
アコギはそれこそスコアーを見なくても自分でアレンジして弾けるのですが、エレキはどうもイメージがわかないんですね。

それと、エレキが弾けるようになると、アコギの弾き方にも幅がでてくるようなそんな気がしたからです。
一番の理由は・・・目指せクラプトン(^_^)V

そんなことで、さっそく体験レッスンの様子を・・・

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。