2007年09月26日

録り直しを決意

先日、再録音した「22才の別れ」ですが、どうにもテンポが気に入りません。
なので、今週末に録り直しを決意しました。
ついでに、もう少しナッシュビルチューニングの完成度を高めたいと思っています。

それにしても、この曲何度弾いても奥が深く、弾けば弾くほどはまっていきます。
こんな曲は他にはありませんね。
次の録音は、我ながら楽しみです。
posted by tomo at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | プレ王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

ナッシュビルチューニングに新たな発見

今日、昨年のつま恋の録画を見ていました。
そして、石川さんが出てきていよいよ「22才の別れ」が始まりました。
石川さんのギターはナッシュビルチューニングですね。
イントロのリードが終わり曲に入ってまもなく、Emのフレーズに聞き慣れない音が入っているのに気づきました。
今日も、びっしりミックスしていたので聞き慣れない音に気づいたんですね。
良く聞いてみると、1弦のF#音でした。
Emだと1弦は解放なのですが、F#音を入れていました。
オリジナルだと1弦5フレットなのでA音ですね。

私は、えっ?と思い、昔のかぐや姫や風のナッシュビルチューニングの音を聴いて見ましたが、このタイミングではF#音は入っていません。(多分)、石川さんのかぐや姫スタイルを聴いても入ってませんでした。

ところが、昨年の3月のスマスマに正やんと石川さんが出て演奏した「22才の別れ」を聞いてみるとF#音(1capなのでGですね。)が入ってます。
確かに、ちょっとしたアクセントになっています。

「22才の別れ」の再録音とミックスが終わったばかりで気づくなんてなんて事でしょうね。
まあ、今回は、これで良しとして次回録音する事があれば、アクセントとして使ってみようと思います。
posted by tomo at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

「22才の別れ」を再録音しました

懸案事項だった「22才の別れ」を再録音して、登録し直しました。

http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=110928

前回の録音は、ノーマル、ナッシュビルともにヤイリでしたが、今回は、ノーマルがD-28で、ナッシュビルがヤイリです。

できるだけかぐや姫の音に近づけるために、リバーブを研究しましたが、全然近づいていませんでした。

それから、前のテンポだと少し走り気味だったのでテンポを少し遅くしています。
オリジナルを聞いてみるとやっぱりテンポが早いんですね。
どうもうまくイメージが合いません。

とりあえず大して前と変わりないかも・・・(汗)
posted by tomo at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | プレ王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

久しぶりの弾き語り〜冬京

またまた、最近「22才の別れ」を再録音し始めています。
今日も、前に切れたナッシュビルチューニングのG弦(12弦ギターの複弦)をバラで買ってきて、張り替えして、録音しました。
そのうち、こっそりとプレ王のファイルを差し替えしようと思います。
多分、聞いても分からないでしょうね。(^_^;)

さて、録音しているうちに、先週東京に行ったことを思い出し、急にこの曲を弾きたくなり、急きょ弾き語りを録音しました。
弾き語りを録音後、即席でリードギターを重ね録りしたシンプルな構成です。
リードギターは一発録りなのでちょっとずれちゃいました。(^_^;)

できあがると意外とシンプルさが気に入りました。
プレ王の冬京と入れ替えちゃおうかな〜。
posted by tomo at 23:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 宅録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ギターショップ巡り

金曜日から出張で東京へ行ってきました。
そして、今回は無理矢理、自費で1泊して来ました。
その一番の目的はギターショップ巡りです。

今回の目当てのギターはOOO-18です。
それも、30年ものクラスのギターでした。

まず、新大久保にあるK楽器に行きました。
事前情報では、目当てのギターが2本ほどあるとの事です。

さっそく店内に入りアコースティックコーナーへまっしぐら。
ありました、72年もの77年ものの2本です。
欲しげに見ていると店員さんがよって来て「弾いてみますか?」と声をかけてきました。
早速、77年の方から・・良い音します。(T_T)
何というか、なんとも癒される音です。
続いて72年の方を弾きます。
こちらも良く鳴っていますが、音的には77年の方が好きな音です。
続いて、新品ですが最近評判のOOO-18GEを弾かせて貰いました。
こちらは、異次元の鳴りです。
ところが、77年の音を聴いてからこちらを聞くと、確かに凄い良い音で鳴るのですが、私の目指す音では無い事に何となく気づきました。

ここでは、とりあえず検討しますと言って、ギターショップのメッカ御茶ノ水に向かいました。
最初に行ったのは、駅から近いGPです。
ここにはOOO-18はありませんでしたが、77年と93年のD-18があり、ここでも試奏させて貰いました。
ここでは、最初77年をじっくりと試奏して次に93年のを試奏すると明らかに77年の音が良いと分かります。
93年の方も音は鳴っているのですが、音の深みが全然違うんです。
聞くところによると、当たり前ですが構造も違うとの事でした。
その後、何件か回り、WMに行きます。
ここにも、目当てのOOO-18が何本かありましたが、ちょっと試奏させて貰える雰囲気ではなかったので、見るだけにしました。

さて、そろそろ帰る時間に近づいてきましたが、もう1店くらい行けるなと思い、今度は新宿のK楽器に行きます。
ここには、お目当てのOOO-18は新品しかなく、とりあえずそれを試奏させてもらいました。

77年の音と比べるとやはり若いですね。

店員さんに「今D-28を持っているので、次はマホが欲しいんです。」と言うと「とりあえず、これを弾いてみませんか?」と言われて出されたのがOM-28Vの中古でした。
去年のモデルなのですが、前のオーナーが、自分の欲しい音じゃないと言って下取りに出して違うギターを買ったとの事でした。

まあ、興味は無いけどどうせ試奏だからと思い弾いてみると、ローズ独特の倍音豊かでサスティーンの長い音が出ます。
それも私のD-28と同じ位なのですが、音の出方かが少しダイレクトと言うか、とにかく良い音なんですね。

77年のOOO-18も良いけど、こっちも良いんですよ。
そして、店員さんに「このギター良いですね」と言うと、店員さんは、「お客さんは、マホよりもローズが好きなのかもしれませんよ。とりあえず、ローズの良さを知ってからマホに行ってもいいのでとりあえず、次もローズにしたほうが良いですね。」と言われました。

私も、今のD-28がローズなので次は違う音色のマホ思いましたが、実はあの倍音豊かなサスティーンの長い音が好きな事が分かったのです。
ここで、少しとまどったため、今回は我慢、我慢で帰ってきました。
いや〜それにしても、あのOM-28Vは良い音がしましたね。

その後に同じ店でOOO-28ECを試奏させて貰いましたが、やっぱりOM-28Vの方が良い音で鳴っていました。

ちょっと方向修正の必要性を気づかせてくれた、有意義なギターショップ巡りとなりました。
posted by tomo at 23:03| Comment(6) | TrackBack(0) | ギターについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

おすすめアコギ曲No3

久しぶりの書き込みです。(^_^;)

ここ2週間ばかり忙しくてギターを弾く時間がなく、今日久しぶりにギターを弾きました。

弾いている途中に突然ふっと頭に浮かんだ曲がありました。
「青春の坂道」
そんな曲を知っている人は・・・・少なくても私と同じ年代の人しかいませんよね。
私は明日でちょうど47歳になりますが、30年以上前の高校時代に大ファンだった岡田奈々の曲です。

寂しくなると訪ねる〜♪坂道の古本屋〜♪・・・・
懐かしいですね〜

ところで、今日のおすすめは奈々ちゃんの曲ではありません。
私が中学時代に岡田奈々は「俺たちの旅」と言うこれまた当時では、この番組を見なければ次の日に学校で話題について行けないと言うくらいの番組でした。
この番組の中村雅俊が唄っていた主題歌も良い曲だってのですが、「俺たちの旅」の1年位前の番組で・・・番組名を忘れてしまいました。
とにかくその番組の挿入歌だった「ふれあい」です。(前置きが長すぎですね。)

イントロから1コーラスはギター2本です。
間奏からリズムと管楽器、ストリングスが入ってきて曲を盛り上げていきます。

この曲も詞が良いですね。

さびの「何気ない心のふれあいが、幸せを連れてくる〜♪ 人は皆一人では生きていけないものだから〜♪」心に滲みますね〜。
涙が出てきそうです。(T_T)
posted by tomo at 22:15| Comment(12) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

おすすめのアコギ曲No2

さて、迷いました2曲目です。
ポップコンつながりで・・・

佐々木幸男の「君は風」です。
この人は、この曲しか記憶がないのですが、なかなかさわやかな1曲です。
あっそう言えば、「セプテンバーバレンタイン」という曲もありました。(汗)

ストリングスから軽いタッチのストロークのイントロで始まります。
ちょっとだけブルースの香りがするのかな〜
ボーカルがハスキーなのですが、ギターが軽くさわやかな曲です。
まずは聴いてみてください。

posted by tomo at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

クラシックギターって大変ですね

いつからかピアノ室にクラシックギターが転がっていました。
いつか、弦を交換して弾いてやろうと思いながら、なかなか出来ませんでした。
そして昨日弦を買ってきて、さっき交換しました。

まず、買ってきた弦を見てビックリ!
弦の端に丸い金具が付いていない?
どうやって弦を張るんだ〜

仕方ないのでネットを検索しました。
ほ〜う、ブリッジに巻き付けるんだな。
よしよしと作業を始め、6弦とも装着完了しました。
さて、チューニングを始めます。
6弦から4弦まではスチル弦で何となくできました。
続いて3弦から1弦までのナイロン弦です。
ところが、このナイロン弦がくせ者で、ブリッジに巻き付けたはずが、チューニングの途中でするすると外れてしまいます。
ネットで説明させているとおり巻き付けたのにどうしたことか・・・

何度がやってもどうしても外れてしまいます。
こうなったら力業です。
抜けないように端を団子結びにしました。
これでようやくチューニング出来ました。

ところが・・・・
ナイロン弦は良くのび〜る。
何度も何度もチューニングしても直ぐに伸びます。

クラシックギターって扱いがスチル弦のギターより大変なんですね。
あらためてクラシックギターを弾く人を尊敬致します。

音は、スチル弦には無い独特のナイロン弦の音が良いですね。
たまには、こんな音も心に滲みます。

こんどは、ソロギターにも挑戦しようかな〜。
posted by tomo at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

おすすめのアコギ曲1

私は、フォーク時代からニューミュージック時代へと変わる時期に青春を過ごしてきました。
そんな私が独断と偏見でこれはおすすめ!というアコギの曲を少しずつ紹介します。
というこで、アコギが良い曲を探していると、私の好きな昔の曲はほとんどがアコギが良い音で鳴っておりました。(汗)
きっと企画倒れとなりそうなそんな予感がし始めました。

まあ、どうせ私の個人的な戯言と右から左へ受け流してくれれば助かります。

さて、第1回めに紹介するのが・・・・・・
NSPの「さよなら」です。
ほとんどの人のかぐや姫や風の曲ではないかという期待を裏切りました。
楽しみはあ・と・で・・と言う事でお願いします。

NSPですが、おそらく今の若い人は知らないと思いますが、ポップコン出身の3人グループです。
NSPの意味ですが、納豆、そらまめ、ピーナッツの略・・ではなくてニュー・サディスティック・ピンク(今考えても意味不明です。)の略です。

私は、この曲のギターのイントロに青春時代の切ない想い出を感じる事が出来ます。

この曲は、NSPのメンバー構成と同じく、アコースティックギター2本とベースというシンプルな構成となっているので、たっぷりとアコギの音を堪能できます。

良く聞いてみると、2本のギターはいずれもハイポジションの音がしています。
今ギターの音を当ててみるとオリジナルキーはG#mなので、4capo−Emと11cap-Amでしょうかね?

ギターもハーモニーも素晴らしい曲ですが、とにかく切ない歌です。
落ち込んだ時に聞くのは絶対にやめましょうね。
posted by tomo at 23:29| Comment(8) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

本日公開になりました

今回は、お盆休暇があったのか10日以上かかってしまいましたね。
実は、登録してから公開されるまで3回ほどデータを入れ替えました。
最終データーの入れ替えは昨日でした。
まだ、納得いかないので入れ替えるかもしれません。

ギターを3トラックとベースは生録音です。
ドラムは、Addictive Drums君です。
裏のシンセは打ち込みです。
コーラス代わりのおまけなので気にしないでください。

とりあえずという事で、聞いてやってください。


http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=172646
posted by tomo at 22:40| Comment(6) | TrackBack(0) | プレ王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。